経営理念

経営理念

『人生をずっと走り続けられるように』

~スポーツをいつまででも楽しむことのできる環境づくり~

 

私たちは気軽にできるスポーツ「ランニング・ウォーキング」を通して、生涯健康でいられるよう
幼児期からシニア世代まで、それぞれのライフステージに応じた運動機会を提供します。

 

私たちは「子どもの体力向上」から「学校教育の部活動」における「競技力の向上」と、
国民のスポーツライフのために「地域スポーツの活性化」を目指します。

 

 

「子どもの体力向上」

子どもの頃から運動習慣があることによって、体の発達や成長を促すことに繋がり生涯健康な身体づくりになります。

ゴールデンエイジ期(運動神経が著しく発達する期間)においては、今後のスポーツライフに重要な期間となるため、より一層の運動機会が求められます。

当クラブでは、運動あそびの中で体力向上を図ります。楽しみながら運動することを重視しています。


「学校教育の部活動」

学校教育下において、運動部活動は体力の向上だけでなく、スポーツをすることに親しみを持つことが目的とされています。

また、チームとしての責任感や結束力を感じることで、技術の向上以外の精神的な部分でも学びを行います。

当クラブでは、学校体育や部活動で「もっと学びたい・強くなりたい」といった向上心をアスリートのノウハウでバックアップいたします。

また部活動を外部委託することで、顧問の先生の負担軽減と学校の垣根を超えたチームでの競技力向上を行うことができます。


「スポーツによる地域活性化」

首都圏に比べ地方では、どうしてもスポーツに対しての理解が低いと感じます。スポーツを通じて地域の活性化を図ることで、「健康寿命の延伸」や「スポーツに関わる産業の成長」と、より繋がりのあるまちづくりが期待されます。

当クラブでは、幅広い年代の方々と関わっていくことによって、スポーツによる地域活性化を実現できればと考えてます。


多種にわたる様々な企画で、関わってくださっている皆様が満足していただけるように運営していきます。

代表 山下優嘉